Earth Friendly

Earth friendlyの活動

WWF Japan

WWFは人と自然が調和して生きられる未来をめざして、失われつつある生物多様性の豊かさの回復や、地球温暖化防止などの活動を行なっています。
世界的な豊かさを誇り、日本にも深いかかわりのある沿海地方の森を子どもたちの世代にまで引き継ぐことは、現代を生きる私たちの責任です。 沿海地方の森を守るため、WWFはさまざまな活動に取り組んでいます。
野生生物は、この星の自然環境そのものです。人間が森林を乱伐したり、海を汚染したり、二酸化炭素を大量放出して地球温暖化を進めたりすると、野生生物は姿を消していきます。野生生物を絶滅から救うことで、広い地球の環境保全をめざす。WWFではそんな活動を目指しています。
人の消費行動を変えるのは、地球環境の保全を進める上でとても重要なポイントです。 モノを買うとき、選ぶときに、環境に配慮して作られた製品に認証ラベルがついていれば、消費者は、それを選ぶことで環境保全に協力できます。
これからは、環境を守り、資源を持続可能な形で利用していくためのコストを、きちんと経済活動の中に組み込み、環境保全に配慮した持続可能なビジネスを推進していく必要があります。

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg

The ocean foundation

海中のマイクロプラスチックが激増、水温上昇によってサンゴ礁が激減、海の貴重な生命が脅かされています。
オーシャンファンデーションは、団体自体で海の問題を解決するだけではなく、一般人から海洋保護のプロジェクト提案を募り、実現可能なプロジェクトに資金を出して、一般人と一緒にプロジェクトを遂行していくユニークなスタイル。
このスタイルは、多くの方が海洋保護に興味を持ち、実際にプロジェクトを考えていくことで、世界中で海を大切に想う人が増えてくることに大きな価値があります。
人々の考えと行動が変わることで海は変わります。多くの人が美しい海を想うことで、海は美しくなります。

13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
 

The wild animal sanctuary

ワイルドアニマルサンクチュアリは1980年に設立され、600頭以上の野生動物たちに新しい家と環境を提供しています。
違法に取引された動物たちは処分対象や劣悪な環境で管理されています。この動物たちを引き取り、野生動物に適した環境や家を提供するために、広大な土地を購入し管理しています。また、傷ついた動物たちのために、メディカルセンターとリハビリテーションセンターも設けられています。
土地は世界中からの寄付金で購入し、現在は約43,000平方キロメートル(東京ドーム約1000個分、北海道の約半分)まで広げることができました。それにより多くの動物たちを助けることができています。

24.jpg
26.jpg
25.jpg
27.jpg
 

FCティアモ枚方

2004年に元Jリーガーの新井場徹、播戸竜二、稲本潤一(現 SC相模原所属)がオーナーとなり『FCイバンイーナ』として発足し、大阪府社会人リーグ5部から参入。
順調に昇格を果たし、2015年に『FC TIAMO枚方』としてチームを改名。
2020年に関西サッカーリーグ1部で優勝、全国地域チャンピオンズリーグでも優勝をし、悲願のJFL(日本フットボールリーグ)に昇格を決めた。

チーム名である「TIAMO(ティアモ)」の由来は、イタリア語で「愛している」を意味し、地域を愛し、そして地域から愛されるチームに、という想いが込められている。

監督は、元Jリーガーで名古屋グランパスなどでプレーした小川佳純。2019年末に現役生活を終え、そのままティアモ枚方の監督に就任すると監督1年目でJFL昇格を果たし、JFL初年度でも攻撃的なサッカーを披露している。所属選手には元ガンバ大阪の二川孝広選手や元韓国代表でアルビレックス新潟などでプレーしたチョ・ヨンチョル選手をはじめとし、数多くのJリーグ経験者がいる。
2021年シーズンはJFL初年度ながら「リーグ優勝」を掲げて活躍している。

ティアモ1.JPEG
ティアモ2.jpeg
 

大阪エベッサ

チームコンセプト「威風堂々」
チーム名の由来は、七福神の「戎様」。七福神のお一人で商売繁盛の神様である「戎様」を大阪では親しみを込めて「えべっさん」とお呼びするところから、人情・笑い・商売の街大阪を活気づける存在であることを願い命名。

2005年bjリーグ加入。初年度から優勝を果たし、MVPも同チームから選出された。
2016年B.LEAGUEに参入。本拠地を大阪市に変更。
2017年のシーズン中には在籍選手の熊谷選手・橋本選手が日本代表候補に選出された。
2019年、2020年と続けてレギュラーシーズンは西地区2位と好成績をおさめている。
チームの特徴は「走るバスケ」。ボールを奪えば即座に相手陣内に入り、得点を狙いにいくスタイルで俊足の選手やスタミナのある選手が多い。
ガールズパフォーマンスユニット「BT」によるチアダンスパフォーマンスや、バスケ観戦にとどまらないエンターテイメント性も魅力。

Image by Markus Spiske